賃貸物件の所有と運用

2013年はマンションのオーナーになる人が急増しました。消費税が増税される前に資産を作っておこうという考えの人が多く出たためです。それに伴って引越しも多く出てきたそうです。 賃貸物件を所有しそれを運用するというのは非常に魅力のある投資となるでしょう。このような方法で副収入を得るというのはこれからの時代には必要なことと言えるのではないでしょうか。不動産投資として賃貸物件を手に入れるというのは安定した収入を確保するという意味で非常に有効な方法と言うことができます。本業以外の収入源として賃貸物件の取得を検討してみてはいかがでしょうか。賃貸物件というのは、それを取得するときには、金融機関からの融資を受けそれを元に行うことになります。そのため、自分に大きな資産がないという場合でも、金融機関からの融資を受けることができれば誰にでもそれを始めることができるようになります。賃貸経営というのは、非常に安定した収入を得ることができる方法ですので、挑戦してみる価値は十分にあると言うことができるのではないでしょうか。

2182

賃貸マンションのお得な借り方

マンションを借りるときは、契約時に必要な敷金礼金や仲介料といった初期費用と、毎月のランニングコスト、家賃や管理費があります。  初期費用は、月額家賃の何カ月分という決め方が多いため、家賃に管理費が含まれている場合よりも、家賃と管理費が区分されているほうが低く抑えることができます。賃貸マンションでは、商品の販売や飲食店とちがって、家賃の直接の原価がありません。  物の販売では、仕入れ値より安く売ることはできませんが、家賃は、空室で収入がなくても固定資産税などの維持費は同じようにかかります。空室が長くなるよりは、初期費用のディスカウントや、時にはフリーレント(無料期間)を付けても借りられる物件もあります。

Copyright ©All rights reserved.賃貸物件の所有と運用.